OL女子の心を掴む「気配り上手」男子。そのポイントとは!?

2014年6月4日公開 |  最終更新日:2017年4月4日 |  2,859 views

モテる男子
男性の皆さんに質問です。気配り上手な女性は好きですか?…と聞かれて、NOと答える人はなかなかいないのではないでしょうか。

そう、気配り上手な女性は、多くの男性から好かれます。そしてそれは、逆でもまたしかり。男性の場合でも、気配り上手であればあるほど、女性の心を掴む可能性は高くなります。実際、私たちOL女子の間では、社内で気配りが上手い男性のことは必ず話題になるのです。

「かっこいいビジネスマン」と言われるような男性を見ていると、「仕事でもプライベートでも、多方面に気配りが出来る男性」が多いこともわかります。では、そんな「気配り上手な男性」は、具体的にどのように気を配っているのでしょうか?

スポンサーリンク

特定の人だけに気を配るのではなく、常に周囲を見ることが大切

まず、混同してしまいがちなのですが「気遣い」と「気配り」は違います。

気遣いの場合、優しい言葉をかけたり心配したり…ということになりますから、それは主に彼女や、気になっている人に対して、ということになるかもしれません。
大事に思う相手だからこその気遣い、ということにもなるでしょう。

CHECK!
気配りは、信頼される・モテるビジネスマンを目指している人であれば、出来るだけ周囲の多くの人に対して出来るとよいでしょう。

周りにいつも気を配っていることで、それは自然と周囲にも伝わり、信頼され、大きな仕事も任される結果にもつながります。

特別なことをしなくても、周囲の人の状況を出来るだけ理解しようと努めるというだけでも、周りからの印象はどんどん変わっていくことでしょう。

【おすすめ記事】
顔?お金?どちらでもない!なぜかモテる人の3つの特徴

最後に

いかがでしたでしょうか?
是非参考になさって、部下からも上司からも、そして女性からも好かれる「気配り上手」なビジネスマンになって下さいね!

GRAGG公式サイトでは、「デキるビジネスマン」の男性に人気の「付けることで気分が変わる」腕時計も多数ご紹介中です!

スポンサーリンク
スタッフプロフィール
シェアありがとうございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

GRAGGの購読はFacebookページが便利です。

RSSのご購読はこちらです。

follow us in feedly

関連記事

how-to-choose-tiepins-point-2

彼氏やお世話になった上司へネクタイピンをプレゼント!3つの選び方ポイント

なかなか自分では買わないビジネスグッズというのがあるかと思いますが、ネ...

記事を読む

腕時計のメリットとデメリット

社会人で腕時計をつけないのはマナー違反?腕時計のメリットとデメリット

皆さんは、社会人になってから腕時計をつけていますか。おそらく多くの方が...

記事を読む

気分を盛り上げる社会人におすすめなアイテム

社会人になっても学生気分が抜けない・・。そんな時は身に付けるアイテムを変えよう

社会人になっても学生気分が抜けない・・。新入社員の皆さんもそう思ってい...

記事を読む

社会人男性へのギフトで年代別人気ランキング

社会人男性へのギフトは仕事でも使えるアイテム!年代別人気ランキング

社会人男性へのギフトは仕事でも使えるアイテムが良いです。男性はどうして...

記事を読む

おすすめの社会人男性への送別品

年代別でご紹介!社会人男性への送別品のおすすめは?

誰かへのプレゼントというのは、その人がどんなものを喜んでくれるだろうか...

記事を読む

 

 

人気メンズアイテムランキング一覧
バレンタインプレゼントにお揃いの腕時計がおすすめ
バレンタインにプレゼントするならお揃いの腕時計がおすすめ!

女性から好きな男性や日頃お世話になっている男性にチョコレートを送る日と...

人気な30代男子の特徴
20代の頃より女子にモテるアラサー男子の3つの特徴とは?

「あれ、あいつ、なんか前よりいきなり女子ウケ良くなってない?!」なんて...

合コンで人気な腕時計ブランドランキング
合コンで女子ウケ必至のメンズ腕時計ブランドランキング3!

合コンでよい出会いを見つけたい、色々な女子から好感度を持たれたい、そう...

香水ブランドランキング
香りに超敏感な女子達にモテるメンズ香水ブランドランキング3!

女性というのは概して香りに敏感ですが、その中でももっと香りに対してフェ...

人気なサラリーマン男性の特徴
いまのOL女子は知っている。モテるサラリーマン男性の3つの特徴

女性はファッションが大好きというのは、男性にも知られていますが、男子は...

→もっと見る

PAGE TOP ↑