メンズ腕時計の選び方

2013年11月15日更新 | 74,503 views

メンズ腕時計選び方
自分に合うメンズ腕時計を選ぶとき、注目するべきポイントはどこなのか?

腕時計を今まであまり持ったことがないという方も、すでに何本か持っているという方も、機能性やデザインが気に入るものであるのはもちろん、「より良く自分を演出してくれる」時計を身に付けていきたいとは思いませんか?

そんな理想的な時計にひとりでも多くの方が出会えるよう、GRAGGが精一杯サポート致します!世の中に数え切れないほどの種類があり、その用途も今やさまざまなメンズ腕時計。

ここではまず、メンズ腕時計の選び方全般、とりわけ選ぶ前に考えておきたいポイントをご紹介していきます。

時計を身に付けている自分のイメージを明確にする

腕時計の選び方
時計に限らず洋服などにも言えることではありますが、一番困るのが「気に入って買ったものの、いざ身に付けてみるとイメージと違った」というもの。

腕時計の場合は比較的、試着などしなくても実際に身に付けた際のイメージが湧きやすい方も多いかもしれないのですが、それでも「デザインがカッコ良くて買ったけど、普段の服装と合わない…」とか、「スーツスタイルで身に付けると、思ったより浮いてしまった」なんていう声を聞くことがあります。

どのような腕時計を選ぶにしても共通して言えるのは、まず「時計を身に付けている自分のイメージを明確にする」のが大事、ということです。

腕時計というひとつのアイテムを加えることで、自分をどのように演出したいか

ほしい腕時計のイメージをあれこれ考えるより先に、自分がどのようなシーンで、どのようなスタイルで、時計を身に付けようとしているのか。それを明確にしておくとよいでしょう。

例えばざっくり分けて、フォーマルシーン、プライベートのカジュアルシーン、の2つでも、それぞれピッタリ合う時計というのは全く違ってきますし、またどのシーンにも馴染む時計というのも存在します。

CHECK!
それぞれの場面、毎日の時間の中で腕時計のシーンを何となくイメージ出来れば、必要とする時計のブランド・機能・デザインは、自ずと絞られていくはず!

スーツに合う時計を1本は持つこと

腕時計スーツ

プライベートで使う腕時計については、好みに合わせてどんなものを選んでも構わないと思いますが、スーツスタイルの場合、やはり「スーツによく合う時計」と「スーツには決して合わない時計」がありますよね。

スポーツウォッチしか持っていないからといって、ビジネスシーンでもそれを身に付ける… 私の知る限り、スマートなビジネスマンにそんな方はいません。

ある程度の遊び心を取り入れた時計を身に付けられる方もいますが、それもやはり最低限のバランスを考えてのこと。

腕時計をあまり持ったことがないビジネスマンの方なら特に、まずはスーツスタイルに馴染みやすい時計を選ぶとよいでしょう。

CHECK!
オススメなのは、どのようなビジネスシーンにも違和感なくマッチし、シックで落ち着きがあるデザイン、かつブランド自体にもそうした「落ち着き」「堅実さ」のようなイメージがある時計を1本持っておくことです。

以下のエントリでは、用途・シーン別の「メンズ腕時計の選び方」を、さらに詳しくご紹介しております。
是非あわせてご覧いただき、あなたにピッタリな腕時計を見つけて下さいね!

フォーマル腕時計の選び方はこちらです。

腕時計の選び方・関連記事一覧

フォーマル腕時計の選び方・関連記事一覧

カジュアル腕時計の選び方・関連記事一覧

 

 

人気メンズアイテムランキング一覧
lady-is-seeing-here-of-a-male-wristwatch-2
腕時計で男性心理はまるわかり!?女性は男性の腕時計のここを見ている

女の勘って凄いですよね。男としては、こちらの考えをまるで読み取ったよう...

社会人男性に売れ筋の腕時計ブランドランキング
社会人男性に売れ筋の腕時計ブランドランキング3と時計選びのポイント

社会人男性にとって腕時計は必需品です。どういった腕時計を身につけるかに...

no image
男性は腕時計を左右どちらにつけるのが普通なの?メリット・デメリットは?

男性が腕時計を付けるとき、左右どちらにつけるのが良いのでしょうか。普段...

i-know-the-character-of-the-man-by-how-to-choose-a-wristwatch-2
腕時計の選び方で男性の性格が分かる!?その判断のポイントは?

大体ものを選ぶ際にはその人の性格というものが出ますよね。よく考えて選ぶ...

男性の腕時計の選び方
女性がセンスを感じる男性の腕時計の選び方3つのポイントとは?

若者を中心に腕時計離れが進んでいますが、今でも腕時計はビジネスの場では...

→もっと見る

PAGE TOP ↑