1. メンズブランド専門ショップ - GRAGG > 
  2. 筆記用具 >
  3. ボールペン >
  4. パーカー
  5. 【送料無料】ビジネスマン定番!今人気の高級パーカー PARKER インジェニュイティ スリム5th ブラックCT F(細字)

パーカー PARKER プリミエ ボールペン ラックブラック GTBP

味わい深い漆黒のフォルム

PARKER パーカー インジェニュイティ スリム5th ブラックCT F(細字)
スタッフレビュー

PARKER パーカー インジェニュイティ スリム5th ブラックCT F(細字)は、パーカーが新しい技術を採用したシリーズです。
今までの万年筆やボールペンの概念とは異なる新しいジャンルの筆記具です。筆記感覚は万年筆に近いですがインクが乾きやすく万年筆の様な手入れも必要なしで、手軽です。
またボールぺンとは違い、ある程度角度をつけて寝かせて書くこともできます。
当店ではリフィール(替え芯)もご用意致しておりますので一緒にご購入頂けます。

PARKER パーカー インジェニュイティ スリム5th ブラックCT F(細字)の関連するコンテンツ

PARKER パーカー インジェニュイティ スリム5th ブラックCT F(細字)

通常価格:¥ 18,900  のところ 
14,000 (税込)
  • 送料無料
  • 代引無料
  • おすすめ
クーポン
配送料:合計5,000円以上で送料無料(配送先一箇所まで)
発送の目安:通常3~5日後
関連カテゴリ: 筆記用具 > ボールペン > パーカー
ブランドサイト: パーカー公式サイト
商品コード: 100800
パーカー

パーカー

1888年の創業以来、ペンのスペシャリストとして時代を常にリードしてきたパーカー。
パーカーのハンドクラフト・ペンは、イノベーションやスタイルを反映し、最高級の素材と最新技術をもって創られています。
インジェニュイティ」は、新技術「パーカー5thテクノロジー」を初めて採用したシリーズです。万年筆やボールペンといった従来の筆記モードを超越した利便性と機能性に加え、新世代に相応しい現代的なデザインを採用した「第5世代のペン」です。新技術のペン先構造を採用。紙に触れた時に必要な量のインクだけが、ペン先の細かな溝から染み出します。書き始めの時のインクに対する心配がありません。独自に調合した水性染料インクは、色鮮やかな発色で、優れた速乾性を発揮。柔軟性を持たせたリフィールの先端とフード部とも相関性で、滑らかな書き味を実現。ペン先のチップは、使うごとに書き手の筆記角度に合った形状に馴染みます。

【サイズ】
サイズ:約152mm 軸径:約11mm 重さ:約34g

【素材】
素材:ブラスグロスラッカー仕上げ

【仕様】
キャップ式

  • 数量
レビューポイントゲット

【お客様からのレビュー】
PARKER パーカー インジェニュイティ スリム5th ブラックCT F(細字)

この商品のご感想をぜひお寄せください。

  • 投稿日:2014/12/12 投稿者:プリマスポート様 おすすめレベル:★★★★

    柄が上品な真っ黒です。高級感があります。書き心地は評価が分かれるかも知れない。まったく今までとは違うのでね。僕は気に入って愛用してます。

  • 投稿日:2014/11/05 投稿者:大久保 和也様 おすすめレベル:★★★★

    新し物好きな私には気になっていた一品でしたが
    、もう万年筆を使わなくなりそうな気がしてます。

  • 投稿日:2014/10/31 投稿者:正月様 おすすめレベル:★★★★

    そろそろ年賀状が発売というわけで購入。
    肝心な年賀状は、手元に無いのでありますが
    練習中ではなかなかの感触。
    期待が持てます。

  • 投稿日:2014/10/28 投稿者:栗駒高原様 おすすめレベル:★★★★★

    初めてこれを使いましたが、全く今までの万年筆ともボールペンともちがいますね!最初から擦れずにきれいに書けるし、色も鮮やかできれい。これでスリムもある様なので彼女にもブレゼントしたい。

  • 投稿日:2014/10/28 投稿者:トランヴェール様 おすすめレベル:★★★★

    パーカーで、細字、スリム、滲まないで探してこのボールペンに決定。新技術らしいんだけど、どこがどうなのかはちょっとわからない。でもスラスラと書きやすい。いろいろなレビューを参考に決めました。

  • 投稿日:2014/08/18 投稿者:シーザー様 おすすめレベル:★★★★★

    今までのボールペンとはまったく異なる感じ。
    新しい技術というのもいいものだ。
    新スタートだ!

お支払方法

このページの先頭へ