おしゃれメンズコーデの必須アイテム腕時計ブランドはディーゼル?フォッシル?どっち?

2016年12月16日公開 |  最終更新日:2019年7月25日 |  1,531 views

おしゃれの必須アイテム腕時計はディーゼルとフォッシルのどちら

たくさんの腕時計ブランドが世界にはありますが、この2つを知らない人はいないと言ってよいくらいの有名ブランドをここでは比較してみましょう。おしゃれメンズコーデの必須アイテム腕時計ブランドはディーゼル?フォッシル?どちらなのでしょうか。

ディーゼルとフォッシルのメンズ腕時計が人気の理由とは?

ディーゼルとフォッシルのメンズ腕時計が人気の理由

まずは、ディーゼルとフォッシルの生まれた場所が、イタリアとアメリカということで、もちろん同じ有名ブランドという共通点はあっても、スタイルが全く異なります。ディーゼルのデザイン性には、シンプルな中にも個性的で独特な世界観を取り入れるというスタイルがありますが、フォッシルに関していえば、どちらかというと、トレンドを意識したスタイルになっていながらも、こちらも独特なフォッシルらしいスタイルを取り入れているというのが特徴です。

ディーゼルはカジュアルスタイルでもちょっとハードなスタイルを好む方に、そして、フォッシルの場合は、大人なカジュアルからフォーマルまでを楽しみたいというちょっと幅広い対応を意識している人に人気のブランドとなっています。

ディ-ゼルとフォッシルを比較する理由

ディ-ゼルとフォッシルを比較する理由

ディーゼルは「ディーゼル燃料のように世の中を活気づけたい」という意味から広まったデニムスタイルを筆頭にファッションブランドとして人気の高いブランドです。最近では日本の路面店や百貨店の中にショップ展開しているので、目にする機会は多いことから若者中心に知名度が高いですよね。

フォッシルは腕時計やバッグ、財布などのファッションアクセサリーを専門とするグローバルライフスタイルブランドとして設立され、持ち運ぶ道具としてだけではなくフスタイリッシュな必需品へと時計の概念を変えたアメリカンブランドとして知られています。どちらのブランドも、ファッションの一部として身につける人たちに支持を受けているブランドとして、比較されるのでしょうね。

ディ-ゼルブランドが得意とするスタイル

ディ-ゼルブランドが得意とするスタイル

ディーゼルブランドはカジュアルで個性が光るスタイルが得意です。腕時計もそのファッションスタイルと同じく、アクセサリー感覚で見に着けられるようなデザイン性に富んだラインナップが多いのが特徴です。

文字盤の中は、カラーやローマ数字でインパクトがあるデザインだったり、四角形のサブダイヤルになったクロノグラフだったり、他にはない個性的で斬新なデザインばかりです。ケースも、厚みがしっかりあってビスを打ち込んだようなデザインになっていたり、リュウズやボタンにもデザインをつけていたり、やはり個性的です。ディーゼルのデザインは他にはない個性を持っていますが、ファッションブランドらしくセンスが良くて、いかにもディーゼルらしいカッコいい印象なのです。

ディ-ゼルのメンズ腕時計の人気ポイント

ディーゼル革ベルト腕時計

ディーゼルのメンズ腕時計は、ディーゼルブランドらしくエッジの効いたデザイン性が特徴的です。シンプルなデニムスタイルにもディーゼル腕時計を合わせると一気にセンスアップできる、存在感のあるファッションアクセサリーとして身につけることができるアイテムなのです。

男性は一般的にはあまりアクセサリーは身に着けませんよね。女性もそうですが男性もファッションのコーディネートの仕上げには小物でセンス良くまとめるのが、おしゃれに決めるテクニックの一つです。ディーゼル腕時計は特にゴツめで男らしく、ファッションにカッコ良いアクセントを付け加えてくれるというところが人気のポイントです。

ディーゼルのメンズ腕時計はハードに、そしておしゃれに楽しめる!

ディーゼル腕時計はハードにおしゃれに楽しめる

先述したようにディーゼルのスタイルというのはちょっとハードな仕上がりになっています。パーツを大きめにしているというのもそうですし、大き目な文字盤の中に独特な鋭いタッチのデザインがなされているのが特徴です。

そんなちょっと遊び心を取り入れたカジュアルシーンにマッチしたメンズ腕時計は、プライベートタイムをがっつりと楽しみたい、そして、オシャレに見せたいという方には楽しめる、そしてぴったりなメンズ腕時計だと言えます。大きめフェイスなので、おしゃれなだけでなく、力強さやタフさというのも与えてくれます。

フォッシルブランドが得意とするスタイル

フォッシルブランドが得意とするスタイル
フォッシルはアメリカのミッドセンチュリーに影響を受け、ヴィンテージとモダンの融合をコンセプトにファッションアクセサリーを手掛けているブランドです、時代を超えたアメリカンヴィンテージの美しさが表現されているデザインが得意で、シンプルながら独特な魅力を演出しています。

ミッドセンチュリーはインテリアでも人気ですよね。雑貨店やガレージっぽいクリエイティブなイメージはカジュアルでありながら、大人の男性こそ心奪われるような懐かしい世界観を表しているところが魅力です。腕時計も同じく、クラシックなアイボリーやネイビーブルーをヴィンテージ風に上手に効かせていたり、機能も省き作りこみすぎていないシンプルデザインで落ち着いたイメージを与えてくれます。

フォッシルのメンズ腕時計の人気ポイント

フォッシル革ベルト腕時計
シンプルなフォッシル腕時計だからこそ、どんなファッションスタイルにも合うところが人気です。カジュアルなイメージも出しますが色合いがシックで落ち着いているので、ビジネスシーンにも違和感なく身につけられますね。これは男性にとっては、スーツスタイルに少しアクセントを効かせられるのでうれしいポイントです。

適度なヴィンテージ感と適度なモダン感がミックスされたフォッシル腕時計は、それだけでおしゃれ度を上げてくれますし、何気なくデザインが効いているのでトレンドに左右されることなく長く愛用できますね。

フォッシルのメンズ腕時計は大人な落ち着きのあるスタイルに!

フォッシル腕時計は大人な落ち着きのあるスタイルに

フォッシルのメンズ腕時計は基本的にベーシックシンプルなスタイルでありながらも、どこかトレンドを意識したデザインになっているのが特徴です。そんなブランドのメンズ腕時計は時代の最先端を行けるおしゃれメンズ腕時計です。

そして、トレンドを含んでいると言えども、きちんとベーシックなスタイルも含んでいるので、ずっと使っていただけますし、あなたのプライベートファッションも、シンプルなモノであろうが何であろうが、大人なスタイルに決まるという、つけているだけでワンランク上のプライベートファッションに仕上がるのです。

最後に

ディーゼルもフォッシルも世界的に有名で大人気のブランドです。あなたのスタイルに合わせたおしゃれメンズ腕時計を、こちらを参考にして選んでみてくださいね。

関連する記事:
スタッフプロフィール

 

関連記事

女子からも好印象なディーゼル腕時計

女子からも好印象!ディーゼル腕時計で仕上げたミリタリーファッション

好きな男性がどんな腕時計をつけているか。女性が男性のファッションセンス...

記事を読む

一味違ったメンズ腕時計をお探しならディーゼル

一味違ったメンズ腕時計をお探しなら ディーゼルで決まり!

いつもシンプルだけど斬新なデザインを提供するブランド、ディーゼル、そん...

記事を読む

夏のカジュアルメンズウォッチはセイコー

汗をかいても大丈夫!夏のカジュアルメンズウォッチはセイコーラバーベルト

夏と言えば、汗が気になる所ですし、腕時計をしていると、そこだけかなり湿...

記事を読む

個性的でカッコいいディーゼルの白ベルト腕時計

個性的でカッコいい男性のメンズ腕時計はディーゼル白ベルト!

世界的に有名なブランドはいくつかありますが、値段もレベルも高い、ハイブ...

記事を読む

the-reason-that-a-diesel-wristwatch-is-very-popular-2

30代男性の休日のカジュアルウォッチはディーゼル!今大人気の理由は?

今は、空前の腕時計ブームともいえると思いませんか。シンプル腕時計から、...

記事を読む

人気メンズアイテムランキング一覧
大人の男性に大人気!ダニエルウェリントンの評判をチェック
大人の男性に大人気!ダニエルウェリントンの評判をチェック

腕時計の選び方で、腕元の印象はかなり変わります。スーツにも似合い、オフ...

カジュアルでポップと評判!マークバイマークジェイコブスの腕時計
カジュアルでポップと評判!マークバイマークジェイコブスの腕時計

ファッションブランドの腕時計は、デザイン性が高いのはもちろんのこと意外...

落ち着いた雰囲気が魅力!ウェンガーの腕時計がプレゼントに人気の理由
落ち着いた雰囲気が魅力!ウェンガーの腕時計がプレゼントに人気の理由

センスのいい腕時計を着けている男性って、それだけで魅力的に見えるもので...

冒険家や登山家・アスリートのための腕時計!スントの魅力
冒険家や登山家・アスリートのための腕時計!スントの魅力

オフの日には、アウトドアやハードなスポーツに没頭することでリフレッシュ...

老舗時計メーカーの人気ブランド!セイコー5スポーツの魅力とは
老舗時計メーカーの人気ブランド!セイコー5スポーツの魅力とは

セイコーという名前を聞いたことのない人はほとんどいないというほど、日本...

→もっと見る

PAGE TOP ↑