耐久性と正確なクォーツなメンズ腕時計ならシチズン!多くの男性から定評のある理由は?

2017年2月23日公開 |  最終更新日:2019年5月14日 |  2,439 views

多くの男性から定評のあるシチズン腕時計

日本でもトップの腕時計ブランドであり、世界でも高級腕時計ブランドとして知られているのがシチズンです。そのシチズンは、耐久性と正確なクォーツなメンズ腕時計としておなじみのブランドでもありますが、多くの男性からシチズンが定評のある理由とは一体何なのでしょうか。

シチズンクォーツシリーズの魅力

シチズンクォーツシリーズの魅力

シチズンの中でも古くからある腕時計のタイプがクォーツシリーズです。今でもシチズンのメンズ腕時計、レディース腕時計問わず、シチズンの腕時計の主流となっているのは、クォーツタイプのものとなっています。

それくらい、シチズンの腕時計の中では歴史があり、自身のあるモデルだということも言えますし、シチズンのメンズ腕時計を購入する際に、あえてソーラータイプなどの経済的なメンズ腕時計を選ばず、本来の腕時計の動きを感じることのできるクォーツを選ぶ人が多いくらいです。

シチズンならではの信頼性

シチズンメタルバンド腕時計
日本の腕時計トップメーカーのひとつとして名高いシチズン。「シチズン(CITIZEN)」とは、「市民」を表す英語です。永く市民に愛されるようにと、1924年に発売された懐中時計にはこの「シチズン」という名がつけられ、その後社名も「シチズン」となりました。

アナログ式太陽電池ウォッチ、そして多極受信型のアナログ多針式タイプの電波時計を世界で初めて発表したのはシチズンです。シチズンの優れた技術力は、日本国内だけでなく世界中で認められ、高い評価を受けています。高品質でありながら実用的なシチズンの腕時計は、コストパフォーマンスの高さも人気の理由のひとつ。日本製であることもまた腕時計の品質に安心感を与えているといえるでしょう。シチズンならではの信頼性を備えた腕時計は、年齢性別問わず多くの人々から愛されているのが特徴です。

シチズンのクォーツメンズ腕時計は実用性より、その価値を重視した貴重な腕時計

実用性より価値を重視した貴重な腕時計

先ほども少し触れましたが、現在の腕時計モデルの傾向として挙げられるのが、ソーラータイプです。ソーラータイプは、電池交換いらずで、電池交換代やそれを交換しに行く時間など、手間もお金も腕時計を買った後はかからないというのがポイントとなり、その点が人気で購入する人が多くいます。

しかし、クォーツの場合は、電池交換が必要な腕時計となっているデメリットもありますが、本来の腕時計の良さを感じることができるのは、断然クォーツ式のメンズ腕時計なのです。本当の腕時計を感じたいという方にはぴったりのモデルで、腕時計の価値をじっくりと感じることのできる、貴重なものとなっています。

シチズンのクォーツメンズ腕時計はクオリティが高く、壊れにくい

クオリティが高く壊れにくいシチズン腕時計

クォーツ式のメンズ腕時計はいまだにたくさんあるのですが、実は、海外ブランドなどはすぐに針がとれてしまったり、突然動かなくなってしまうなんて言うトラブルがよくあります。しかし、そこはやはり日本のブランドであり、世界にもその技術を認められているシチズンのクォーツメンズ腕時計ですから、壊れにくいということがこれをおすすめする理由となります。

クオリティが高く、デザインも非常にシンプルで使いやすいものになっているメンズ腕時計ですから、オールマイティな世代に対応するメンズ腕時計となっています。値段も年齢層などに合わせて色々そろっているので、自分に合ったものを選んでいただけます。

シチズンのクォーツメンズ腕時計は正確な時を刻む

シチズンのクォーツメンズ腕時計は正確な時を刻む

クォーツ腕時計は、水晶から作られる水晶振動子を使用しています。電池などから得ることができる電気エネルギーが水晶振動子を振動させ、この振動が電気信号となり回転運動に変わり、歯車が動く仕組みを持つのがクォーツ式。水晶振動子は1秒で32768回振動するように調整されていますが、この安定した振動のおかげでクォーツ腕時計は械式腕時計よりも高い精度を誇ります。

世界初のクォーツ腕時計をセイコーが発売したのが1969年。クォーツショックの始まりです。1973年にはシチズンもクォーツ式腕時計を発売します。シチズン独自のレゾナント・モーターを採用した「クリストロン」は話題を呼び、その3年後には腕時計のほか、パソコンや携帯電話などにも使われる水晶振動子の生産も開始。その後も水晶振動子のさらなる開発を重ねるとともに、部品のひとつひとつの精度を上げることで、より正確な時を刻む腕時計を作り続けています。

シチズンのクォーツメンズ腕時計は価格も魅力的

シチズンのクォーツメンズ腕時計は価格も魅力的

技術と美の融合をコンセプトに、高い技術力から生み出されるシチズンの腕時計は信頼感や安心感を備えた逸品ぞろい。海外ブランドの腕時計にはない、国産ならではの魅力にあふれたデザインや機能性が特徴です。日本人が身に着けやすいサイズ、似合うデザインを備えたシチズンの腕時計は、使い勝手のよさでも高く評価されています。

正確な時を刻むという腕時計本来の役割だけでなく、デザイン性にも優れたシチズンの腕時計。世界中の人々から愛されるているのは、その機能性とデザイン性の高さによるものだけではありません。コストパフォーマンスの高さも、シチズン腕時計が人気の理由のひとつだといえるでしょう。同じような機能や品質を備えた他のブランドの腕時計と比べて、よりリーズナブルな価格で手に入れることができるのがシチズンの魅力。広く市民に愛される時計作りを目指すという創業当初の想いは、現在まで確実に引き継がれています。

シチズンのクォーツメンズ腕時計は使いやすいモデルが豊富!

シチズンのクォーツメンズ腕時計は使いやすいモデルが豊富!

腕時計は毎日身に着けるものですから、使いやすいことが一番大切です。なによりも正確な時間をすぐに確認できることを重視するのなら、技術力に定評のあるブランドのものなら安心でしょう。また機能だけでなくデザインにもこだわりたいのであれば、自分の求める雰囲気を持ったファッション性の高い腕時計を選びたいものです。

シチズン腕時計は、機能そしてデザインともに優れたモデルが多数揃っているところが特徴です。ビジネスシーンにふさわしいシンプルで落ち着いた印象を与えるもの、そしてプライベートシーンで活躍してくれるスポーティーなものや、遊び心を感じさせるもの。シンプルな3針モデルに、クロノグラフ、アナデジモデルなど、さまざまなシーンに対応する使いやすい腕時計が並びますので、お気に入りの一本を見つけることができると評判です。

最後に

シチズンと言えば、日本でも有名ですが、海外ではさらに信頼がおかれている日本の腕時計ブランドとなりますので、海外出張へよく行く方などは、シチズンのクォーツメンズ腕時計に注目してみてください。

関連する記事:
スタッフプロフィール

2017/02/23 | メンズ腕時計

 

関連記事

大人の男性に大人気!ダニエルウェリントンの評判をチェック

大人の男性に大人気!ダニエルウェリントンの評判をチェック

腕時計の選び方で、腕元の印象はかなり変わります。スーツにも似合い、オフ...

記事を読む

カジュアルでポップと評判!マークバイマークジェイコブスの腕時計

カジュアルでポップと評判!マークバイマークジェイコブスの腕時計

ファッションブランドの腕時計は、デザイン性が高いのはもちろんのこと意外...

記事を読む

落ち着いた雰囲気が魅力!ウェンガーの腕時計がプレゼントに人気の理由

落ち着いた雰囲気が魅力!ウェンガーの腕時計がプレゼントに人気の理由

センスのいい腕時計を着けている男性って、それだけで魅力的に見えるもので...

記事を読む

冒険家や登山家・アスリートのための腕時計!スントの魅力

冒険家や登山家・アスリートのための腕時計!スントの魅力

オフの日には、アウトドアやハードなスポーツに没頭することでリフレッシュ...

記事を読む

老舗時計メーカーの人気ブランド!セイコー5スポーツの魅力とは

老舗時計メーカーの人気ブランド!セイコー5スポーツの魅力とは

セイコーという名前を聞いたことのない人はほとんどいないというほど、日本...

記事を読む

人気メンズアイテムランキング一覧
大人の男性に大人気!ダニエルウェリントンの評判をチェック
大人の男性に大人気!ダニエルウェリントンの評判をチェック

腕時計の選び方で、腕元の印象はかなり変わります。スーツにも似合い、オフ...

カジュアルでポップと評判!マークバイマークジェイコブスの腕時計
カジュアルでポップと評判!マークバイマークジェイコブスの腕時計

ファッションブランドの腕時計は、デザイン性が高いのはもちろんのこと意外...

落ち着いた雰囲気が魅力!ウェンガーの腕時計がプレゼントに人気の理由
落ち着いた雰囲気が魅力!ウェンガーの腕時計がプレゼントに人気の理由

センスのいい腕時計を着けている男性って、それだけで魅力的に見えるもので...

冒険家や登山家・アスリートのための腕時計!スントの魅力
冒険家や登山家・アスリートのための腕時計!スントの魅力

オフの日には、アウトドアやハードなスポーツに没頭することでリフレッシュ...

老舗時計メーカーの人気ブランド!セイコー5スポーツの魅力とは
老舗時計メーカーの人気ブランド!セイコー5スポーツの魅力とは

セイコーという名前を聞いたことのない人はほとんどいないというほど、日本...

→もっと見る

PAGE TOP ↑